赤羽内科クリニック

赤羽内科クリニック

MENU

禁煙外来

Non smoking

禁煙外来Non smoking

タバコをやめたい、でもやめられないとお悩みではありませんか?そんな患者さまの禁煙のお手伝いができます。

禁煙外来では、医師による禁煙のアドバイスに加えて、禁煙補助薬の処方を受けることができます。タバコをやめたいのにやめられない原因は、ニコチン依存症かもしれません。禁煙補助薬はニコチンが切れるとつらくなる、そんな症状を緩和してくれる治療薬です。

禁煙できないのは意志が弱いからではありません。ニコチン依存症という病気だからやめられないのです。禁煙をお考えの方は当院にご相談ください。

禁煙治療の初診の流れFlow

1ニコチン依存症の
チェック
ニコチン依存症のチェックをして、健康保険適用の可否を確認します。
2一酸化炭素濃度
の測定
患者さまの息の中の一酸化炭素(タバコに含まれる有害物質)がどの程度か確認します。
3「禁煙開始日」を決め
禁煙宣言
患者さまの「禁煙開始日」をご相談しながら決めます。「禁煙宣言書」を作ります。
4禁煙経験の確認と
アドバイス
患者さまの健康状態やこれまでの喫煙歴、禁煙歴をお聞きします。ニコチン切れ症状への対処法を一緒に考えましょう。
5禁煙補助薬を
選ぶ
禁煙補助薬の特徴と使い方をお伝えします。患者さまに合ったお薬を選びましょう。
6次回診察日の
ご予約
2回目以降の診察は、おおむね2週間ごとにご来院いただきます。

呼気一酸化炭素濃度の測定や禁煙のアドバイスを行います。不安や気になる症状などございましたらお気軽にご相談ください。診察の回を追うごとに禁煙に慣れ、また禁煙の効果も現れてきます。今後も禁煙を継続するために何が大切かを一緒に考えましょう。

健康保険適用となる条件

次の3項目全てに該当する場合、保険が適用されます。

  • 1,ニコチン依存症に係るスクリーニングテストでニコチン依存症と診断された方(10点中5点以上)
  • 2,35歳以上の者については、ブリンクマン指数(=1日の喫煙本数×喫煙年数)が、200以上である方
  • 3,ただちに禁煙することを希望している方であって、「禁煙治療のための評価手順書」に則った禁煙治療について説明を受け、当該治療を受けることを文書により同意された方

※2016年4月から、34歳未満に対しては、2の喫煙本数と喫煙年数による指数の条件が撤廃されました。